他分野の経験を活かして、初心者から介護に挑戦!

※撮影日:2021年12月

社会福祉法人 杉和会 
特別養護老人ホーム 優・悠・邑 和合 
加藤翔一さん 入職5年目

イキイキと働く姿に惹かれ、介護の仕事に転職

私は以前、美容業界で働いていましたが、「優・悠・邑 和合」で働く友人に勧められ、職場を見学したところ、イキイキと働く職員の姿を見て、介護職に興味を持ちました。当然、介護の仕事は初めてで、介護の仕事と聞くと大変そうなイメージを持っていましたが、この施設は職員が働きやすい環境が整っており、この施設で働きたいと思いました。現在は、働きながら介護福祉士になるために勉強中です。

前職の経験を活かし、リーダーの役割に力を発揮

私の施設では、6時30分~15時30分、7時30分~16時30分、8時~17時、10時30分~19時30分、そして16時~9時の夜勤と、5つのシフトがあり、ローテーションで働いています。朝の起床から水分補給や食事の介助、その後の口腔ケアや排せつ、入浴の介助などを行い、レクリエーションなども実施します。私はフロアリーダーや夜勤担当の責任者も務めており、担当フロアの利用者さんを見守るのはもちろん、働く職員の管理もしています。

転職する前は接客業だったため、その経験は利用者さんとコミュニケーションをとる際にも役立っています。また、フロアリーダーとしてフロア全体の状況から今やるべきことを判断したり、スケジュール管理をしながら一日の仕事の段取りを組んだりと、さまざまな場面で前職の経験が活かされていると感じています。

利用者さんの中には、コミュニケーションをとるのが難しく、自分が伝えたいことをどう伝えたらいいのか、悩むこともあります。しかし、今まで笑顔がなかった人から、会話を通じて笑顔を引き出せたりすると、「この仕事でよかった」と心から思います。

新人教育や資格取得など、新たなステップにチャレンジ

毎年、施設に新人や後輩職員が次々と入職する中、今年は新人教育を担当することになりました。自分が学んできたことを伝えることに難しさを感じる日々ですが、自分が先輩にしてもらってきたように、分かりやすく伝えることを意識しています。また今は、休日を利用して実務者研修に通っており、来年は介護福祉士の国家試験を受ける予定です。職場でも国家試験対策などのゼミを開催するなど、全面的にサポートしてくれるので、資格取得に向けて頑張っていきたいです。

これから介護職を目指す方へ!

介護の仕事は、工夫や努力をすれば何気ない会話の中で利用者さんの笑顔を引き出すことができます。この仕事に転職してみて、この瞬間は他の仕事では味わえない喜びだと感じています。また介護の仕事には、他業種の経験が活かせる場面がたくさんあります。私も初心者から転職しましたが、働きながら資格取得にチャレンジしていますので、介護職の経験がない方も大丈夫です!